広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Blog

スタッフブログ
スタッフブログ
ブログ

小学生のかかとの痛みについて

お子さんがかかとが痛いと言っていませんか?


こんなことがお子さんに起きているかもしれません!

  

         運動をした後朝起きた時などにかかとに
         痛みを感じる状態。
  
        もしもお子さんがつま先立ちで歩いていたり、
     歩き方がおかしいと感じたら要注意です!!

  このような症状は踵骨骨端症 別名   シーバー病
         ともよばれます。

  10歳前後の活発な男の子に多く起こり、女の子の2倍ともいわれています。

       

なんでなるの??

  
         踵骨(しょうこつ)と呼ばれるかかとの骨にはついているものがあります。
  
  このついているところがランニングや切り返し、
         ジャンプなどをすることにより引っ張られます!!

  このような動作が繰り返されることによって
         炎症が起こることが原因といわれています。

      

 なる子ならない子がいるのはなんで??


  絶対にこれが原因ですとは言えませんが,負担のかかり方には個人差があります。
 
  例えば、柔軟性のある子とない子では
         柔軟性のある子の方がリスクは下がります!

  その他にも扁平足などを含めた足部のチェック。

  足関節、股関節の動きもチェックします。

  なぜ股関節となるかもしれませんが足の着き方など
         様々な部分に関係してくるのです!!



  負担をかけないように痛みの場所以外もチェックが必要です!