広島県海田町の接骨院 ほねつぎげんき堂 広島海田院

Symptom

症状 / 妊娠中・産後の腰痛
症状

妊娠中・産後の腰痛について

こんなお悩みありませんか?

妊娠でお腹が大きくなってきて腰が痛くなった
出産後も腰の痛みがなくならない
骨盤が不安定な気がして、腰が痛い
抱っこの瞬間の痛みが走る
授乳や抱っこで長時間同じ姿勢の後に腰が痛い

妊娠中・産後の腰痛の原因

妊娠中や産後の腰痛の原因は様々ですが大きくは以下に分類されます。
①体型の変化による姿勢の影響
  1. (妊娠中)
徐々にお腹が大きくなり前に出てくることで骨盤の前方向への傾きと、腰の反りが強まり、反り腰になるから。
(産後)
恥骨周辺の関節が開き、骨盤周辺のバランスが崩れるから。
また長時間の抱っこや授乳によっても姿勢が崩れる。

②女性ホルモンの影響
リラキシンというホルモンの影響で骨盤周辺の筋肉・靭帯・関節が緩みやすくなるから。

③精神的影響
産前・産後の大きな環境の変化やホルモンバランスの乱れ、育児疲れなど負担が大きくかかるから。
〜メモ〜
妊娠中に急増したホルモンは産後に激減します。それによってホルモンバランスは不安定になります。
そして自律神経が乱れ、精神的に不安定になりがちです。
夜間に交感神経が優位になり、睡眠不足になりやすいとされています。

妊娠中・産後の腰痛に対するげんき堂の施術

当院では4つの方法でアプローチをしていきます。
①痛みを出している箇所
→整体・ハイボルト


②開いた骨盤
→産後骨盤矯正

③落ちてしまった筋力
→JOYトレ(EMSトレーニング)、パーソナルトレーニング、ヨガ、ピラティス

④乱れた自律神経
→はりきゅう施術

げんき堂の想い

ただ単純に骨盤を締めることが目的ではないと考えています。
妊娠中・出産・産後。
この3つに時期にお母さんの身体にはたくさんの変化が起こっています。
固まった筋肉、落ちてしまった筋肉、開いた骨盤、乱れた自律神経
一つ一つのお悩みに寄り添い、安心して子育てができるようにサポートしたい
そんな想いで当院はお母さんのお悩みを解決します!

自宅でのセルフケア

産後6~8週までは安静にし、運動としては家事や育児でOK!
それ以降は体調を見ながら産後3ヶ月くらいまでは寝たままでのトレーニング!
産後3~6ヶ月の間にトレーニング!
そのトレーニングをご紹介します。

①腹圧UP!お腹のインナーマッスル強化

(1)仰向けで膝を90度に曲げる。腰の下に手を入れる

(2)お腹に力を入れて、手に30秒圧をかける

(3)慣れたら手に圧を加えたまま軽くヒップアップ

ヒップリフト

(1)仰向けで膝を90度に曲げる

(2)肩・腰・膝が一直線になるように床から腰を持ち上げる

(3)慣れたら片脚を上げて行う

腰痛予防ストレッチ

(1)両膝を揃えて90度に曲げた状態で仰向けに寝る
(2)両腕はリラックして軽く開いた状態で手のひらを床につける
(3)両膝を左右に倒す


(4)慣れたら両手をバンザイして膝を倒すのと逆方向に顔を捻る

(5)腰から脇腹にかけての筋肉がしっかり伸びていたらOK!



ご予約は画面のCONTACT・お問い合わせボタンから24時間受付中!!

妊娠中・産後の腰痛は当院にお任せ下さい。
お悩みを改善し、快適な日常生活が送れるようにサポートします。
ご相談も受け付けております。お気軽にご連絡ください!